行楽猿

1993年・日本
劇映画
上演時間・82分

このひどい混乱状態の日本のコメディが探検します。その探険は夏の休暇をとっている家族にかかわっています。最初にイワモトケンチ監督は、よりすばらしい細部で周囲のキャラクターのふざけた行為を非伝統的なテクニックを使って描いてみせます。横柄な、気難しいママとけちなパパが議論に参加するときに、家族の休暇は、意地悪なもめ事をただちに始めます。彼らの娘は、最近苦しめられて、彼女の精神的外傷を隠すよう試みますが、しばしば吐き気をもよおします。彼女の兄はそれがとてもおかしいことだと思っています。パパはママに一緒に問題を解決しようと提案します。パパは機能不全の家族が通じ合うための努力を試みます。しかし、彼の試みは惨めに失敗します。

出演◎神足裕司と神田紅と栗津隆章と村越愛子と小林麻子と寒空はだかほか
撮影◎福田衡陽とその仲間たち
照明◎小沢雅之とその仲間たち
編集◎金子尚樹とその仲間たち
監督と脚本◎イワモトケンチ
製作◎大井秀一
※敬称略
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now